中国人の初対面でのマナーと注意点。その握手実は間違いかも!

交通が発達し、国内旅行はもちろん、海外旅行もちょっとした休みで気軽に行けるようになりました。
中国人の初対面でのマナーと注意点。その握手実は間違いかも!
海外に行って気になるのは、言語はもちろん、文化やマナーの違いです。

間違ったマナーで恥ずかしい思いをしたり、嫌われたりすることもあります。

今回は中国人の初対面でのマナーと注意点を解説します。

中国人との初対面でのマナーと注意点

中国人の初対面でのマナーと注意点。その握手実は間違いかも!
中国人との初対面でのマナーといっても、中国人は古来から日本と交流があり、比較的距離が近い国なので、あまり堅苦しくならなくても大丈夫です。

歴史的、政治的問題の解釈には立場の違い上、ズレがあることが多いので、話題にしないほうが無難でしょう。

  • 正しい握手の方法を知っておく。
  • 乾杯する時のコツ
  • 中国では酒とタバコは欠かせない。
  • 植民地時代の言葉を使わない。

これらの点について、解説していきます。

スポンサーリンク

正しい握手の方法を知っておく。

中国人の初対面でのマナーと注意点。その握手実は間違いかも!
中国人をはじめ、外国の人が困惑する日本人の握手は主に以下の点です。

これらの握手はいい加減にやっていると思われ、外国の人からあまり好意的にとられないので気をつける必要があります。

  • お辞儀をする。
  • 相手の目をみない。
  • 力を入れない。

目をみないでお辞儀しながらする握手は相手に不誠実な印象を与える可能性があります。

握手をする時は、相手の目をまっすぐ見ましょう。

また、痛くない程度に力をこめた握手は、ビジネスでの初対面時に大切になります。

「やる気をみせる」「頼れる相手だと思わせる」効果があります。

逆に力の無い握手はやる気が無い、相手にビジネス相手として不安感を抱かせることになります。

背筋をピッと伸ばし、相手の目をまっすぐ見て力強い握手と「よろしくお願いします!」とはっきりした口調で伝えることが、中国ビジネスにおいて好印象を与えます。

乾杯する時のコツ

中国人の初対面でのマナーと注意点。その握手実は間違いかも!
乾杯する際は相手のグラスより下に自分のグラスが来るようにしましょう。

そして乾杯は飲み干すのがマナーとされています。

近年では、“随便“と言って自由にやりましょうと、無理して飲み干さなくても良いとされています。

中国では酒とタバコは欠かせない。

中国人の初対面でのマナーと注意点。その握手実は間違いかも!
中国人との交流の中で、酒とタバコは欠かせないものになっています。

先方が喫煙者なら、こちらがタバコを用意して薦めるのがマナーです。

こちらも吸うのなら薦められたら受け取りそれを吸うようにしましょう。

但し、自分が吸わないのなら遠慮無く断りましょう。

お酒に関しても同様です。

特に中国で出されるお酒はアルコール度数が非常に高いのが多いので、飲めないときは「お酒に強くありません」と、しっかり意思表示をすることが大切です。

日本人特有の曖昧な否定は、中国人にとって不快にうつることがあります。

しっかりした意思表示は欧米諸国では特に強く求められますので、覚えておきましょう。

植民地時代の言葉を使わない。

「支那」「満州」といった、植民地時代の言葉などは使わないようにしましょう。

特に年配の方は敏感にとらえられることもあるので注意が必要です。

国家間の問題がある場合でも、民間レベルでは政治的、歴史的話題を出すのは控えましょう。

中国人の初対面でのマナーと注意点。その握手実は間違いかも!

  • 中国と日本は歴史的交流が長く、マナーに関して硬くなり過ぎなくても大丈夫です。
  • 握手や乾杯の仕方、意味は日本と異なるので確認しておきましょう。
  • 相手がお酒とタバコを好きかを知っておくとより便利です。
  • 植民地時代の言葉や政治的問題を話題に出すのは控えましょう。

中国の人たちは気さくで話しやすい人が多く、ビジネスはもちろん、旅行でも人気の国です。

しかし、歴史的、政治的問題も多い国でもあるので、そういった話題は避けるようにしましょう。

個人個人の交流を深めることが大切です。

コメント