フェイスブックの友達申請のマナーと知らない人からの対処法

フェイスブック(Facebook)で昔の友達や恩師の名前を検索して見つかったとき、思わず友達申請したくなりますよね。
フェイスブックの友達申請のマナーと知らない人からの対処法
しかし、友達申請にはマナーがあり、むやみに申請すると承認されないどころかブロックされる危険があります。

また、知らない人から真性が来て困るという人も、フェイスブックのマナーを知っておくと良いでしょう。

フェイスブックの友達申請のマナー

フェイスブックの友達申請のマナーと知らない人からの対処法
フェイスブックには「友達リクエスト」という機能があります。

これは相手に申請し、承認されることで友達関係になって情報を共有・交換できるようになる機能です。

友達申請と承認までの流れは主にこのようになります。

1.Facebookの上にある検索に名前を入力し、検索する。

2.該当する人物のページを見つけたら先に一言メッセージを入れる。

3.返答を貰って、了承をもらったら友達リクエストボタンを押す。

4.相手がリクエストを承認したら完了です。

ここでよくあるマナー違反が、2の「一言メッセージ」を省くことです。

人によっては知らない人からいきなり申請がきたと、気味悪がって拒否したり、ブロックしたりすることになってしまいます。

ですので、最初は面倒でも一言メッセージをきちんと送り、相手の反応を確認してからリクエスト申請を送るようにしましょう。

事前メッセージには「高校のときに一緒だった○○です。友達リクエストを申請してもよろしいでしょうか?」などと一言添えると良いでしょう。

昔友達だった人でも、覚えていなかったり、あなたが結婚などで姓が変わっている、もしくは本名ではない別の名前で登録していてわからないこともあるからです。

中にはフェイスブックを仕事用としてのみ使っている人もいます。

そういった人への申請は受け付けてもらえないこともあるので事前にチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

知らない人から友達申請が来たときの対処法

フェイスブックの友達申請のマナーと知らない人からの対処法
知らない人から友達申請が来たとき、どうすれば良いのでしょうか。

特に相手が「人の投稿ばかりシェアがメイン」「作りたてのアカウント」「申請メッセージ本文に何も書いていない」という人だと、スパム的な要素や、個人情報を悪意要しようとしている可能性もあるため、申請許可はしないほうが良いでしょう。

友達申請は、相手のことがわかった状態で承認するのがトラブルに巻き込まれない最善の方法です。

それでは、スパム要素のある友達リクエストをブロックする方法を紹介します。

パソコンから設定する方法

ホーム画面右上の【▼】をクリックして【設定】をクリック。

【プライバシー】をクリック。

「プライバシー設定とツール」という項目から【私に友達リクエストを送信できる人】の【編集する】をクリック。

「全員」「友達の友達」の選択が出てきますので【友達の友達】を選択し、設定完了です。

こうすることで、友達の友達からのみしか申請できなくなるため、全くの第三者からの申請を受けなくなります。

ただしこの方法は、友達が「来た申請をすべて承認する」タイプの人だと効果が薄くなる場合もあるので注意が必要です。

面倒でもどういった人なのかは自身でチェックするのが無難です。

スマホアプリからの設定する方法

アプリを起動。

右下の「三」をタップ。

一番下までスクロールし、【設定とプライバシー】という設定項目をタップ。

【設定】をタップ。

下にある【プライバシー】から【自分に友達リクエストを送信することのできる人】という項目をタップ。

「全員」「友達の友達」の選択があるので、【友達の友達】をタップしたら完了。

まとめ

  • 友達申請をする前に一言メッセージを送りましょう。
  • メッセージの返事を確認後友達申請を送ると相手も安心します。
  • しらない人からの申請は許可しないほうが安全です。
  • スパムの友達申請はPC、スマホそれぞれブロック方法があります。

いかがでしたでしょうか。

知らない人から友達申請がくるとびっくりしますよね。

その人がどういう人かわからないうちは申請許可はしないほうが良いでしょう。

また、あなた自身が他の人に友達申請をする時は、まず一言メッセージを送って相手の返信を待つようにしましょう。

相手もあなたがどんな人かわからない、知り合いだとしても、実名登録してなかったりするとあなただと気づかないかもしれません。

一言メッセージではきちんと名前を名乗り、申請理由を簡潔に書くと相手に伝わりやすいでしょう。

コメント