通夜の服装と知っておくべき作法マナー。恥をかかない基礎知識。

お通夜とは争議の前に行われる故人との最後の別れの儀式です。
通夜の服装と知っておくべき作法マナー。恥をかかない基礎知識。
通夜の席で礼儀や作法、ふるまいなどをどのようにすればよいのか不安を感じる方が多いでしょう。

今回はそんな通夜で知っておくべきマナー、服装、礼儀作法などをご紹介いたします。

通夜の服装:男性編

男性の通夜の服装は喪服が基本です。

ダークスーツなどの暗色系のスーツでも良いでしょう。

ネクタイや靴下も黒を基調とし、明るい色合いのアンダーウェアや、指輪などのアクセサリーは外しておきましょう。

冬場はコートなどを着用することもありますが、革や毛皮のコートは「殺生」をイメージさせるため厳禁です。

通夜の服装:女性編

基本は喪服です。

黒または地味な色とデザインのワンピースやスーツでも良いでしょう。

アクセサリーは華美なものは避けること、涙を連想する「白色のパール系」を着用しましょう。

ネックレスは一連のものにしましょう。

二連のネックレスは「不幸が重なる」という意味があるため厳禁です。

数珠・小物類の持参

通夜の服装と知っておくべき作法マナー。恥をかかない基礎知識。
数珠は必ずしも持参する必要はありませんが、あると良いでしょう。

数珠は手首にかけるか、白いハンカチ(色物ハンカチはNG)に包んで持参しましょう。

畳やイスの上に直接おくことはタブーです。

小物・手回り品は黒、紺など地味な色のものにしましょう。

通夜の流れと作法マナー

通夜の服装と知っておくべき作法マナー。恥をかかない基礎知識。

  • 斎場へ到着。
  • 受付をする。
  • 焼香をする。
  • 通夜振舞い。
  • 退席する。

実際に通夜の流れをみながら、要所別に必要な作法、マナーを解説していきます。

斎場へ到着。

通夜の時間内に遅れないように、少し早めに向かいましょう。

遅れそうな時は、事前に会場に連絡しておきましょう。

連絡する時は「申し訳ありません。渋滞で少々遅れます。」と手短にするようにしてください。

会場の様子などを確認するなどして時間をかけないようにしましょう。

受付をする。

受付にて「このたびは、まことにご愁傷様でございます。心からお悔やみ申し上げます。」とお悔やみを述べ、香典を渡し、記帳をします。

受付が終わったら速やかに祭壇の部屋で一礼して入室しましょう。

知り合いをみつけても受付や周辺で雑談するのはマナー違反です。

焼香をする。

基本的に先着順で前から詰めて着席しましょう。

席が決められている場合は案内に従い、係員から案内があったら、順番に焼香してください。

通夜振舞い。

通夜振る舞いとは、弔問客に対して食事や飲み物を供し故人を偲ぶ場です。

乾き物やお酒がふるまわれますが宴会ではありません。

これは故人の供養の意味合いからいただくものなので、断ってはいけません。軽く箸を付ける程度が望ましいです。

遺族の方は心労が大きいので、長居せずに1~2時間程度で順次散会していくのがマナーです。

退席する。

遺族に挨拶して退席します。

翌日の葬儀に参列できない場合は、その旨をお詫びしておきましょう。

黙って退席するのはマナー違反になりますのでやってはいけません。

まとめ

  • 通夜にいく服装は黒系で質素なものを着用しましょう。
  • 華美な装飾、アクセサリーはNGです。
  • 受付が終わったら速やかに祭壇へいきましょう。周辺の雑談はNGです。
  • 通夜振る舞いは軽く箸をつけ、長居しないようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。

通夜の席での基本的な服装、振る舞いのマナーを確認して、恥をかいてしまうことがないように気をつけましょう。

ご遺族と話をしたい気持ちもあると思います。

しかし、ご遺族は憔悴して参列者に対応するのがやっとです。

長話、長居はしないようにしましょう。

間違っても亡くなった原因などをきいたり、故人の批判をしてはいけません。

コメント