ヒーローショーのルールとマナー。大人ファンのマナーが悪い!

カッコイイヒーローが目の前で敵を倒すヒーローショーイベントはいつの世代でも子供たちに大人気のイベントです。
ヒーローショーのルールとマナー。大人ファンのマナーが悪い!
しかしながら近年マナーが悪い人が増え、イベントの進行に支障が出ることもしばしばあるようです。

今回はヒーローショーのルールとマナーについて解説していきます。

スポンサーリンク

ヒーローショーのルールとマナー

ヒーローショーのルールとマナー。大人ファンのマナーが悪い!

  • 大人のファンは子供が優先のイベントであることを認識する。
  • ステージ上に上がらない。
  • 後ろの人が観覧できるように配慮する。
  • 声の違いを指摘しない。

大人のファンは子供が優先のイベントであることを認識する。

昨今、特撮ブーム、ヒーローブームが子供たちだけでなく、親御さんや20代以上の人たちにも広がっています。

そのため、ヒーローショーにも「大きなお友達」と呼ばれる大人ファンが増えてきました。

ヒーローショーは子供が優先のイベントであることを念頭に入れてください。

大人ファンが本来のショーのメインターゲット層である子供の観覧を邪魔する問題がたびたび上がっています。

子供を押しのけて写真をとろうとしたり、座席をとったりという問題です。

こういう場だからこそ、子供に恥ずかしくない振る舞いを大人ファンにはしてほしいと思います。

ステージ上に上がらない。

ステージの上にあがるとショーの進行の妨げになるのでやめましょう。

これは大人ファンよりお子さんがよくやってしまうことですね。

保護者の方はお子さんから目と手を離さないようにしてください。

お子さんがショーをみて興奮し、思わず駆け寄ってしまうことは珍しくありません。

後ろの人が観覧できるように配慮する。

ヒーローショーのルールとマナー。大人ファンのマナーが悪い!
前列の人は立ち上がったり、三脚カメラを使ったりして後列の人が閲覧しにくいことにならないように配慮しましょう。

できる事なら大人のファンは後ろのほうで中腰~立ち見で観覧するのが望ましいでしょう。

前列に大人のファンが陣取っているショーはあまり良い雰囲気とは言えません。

前列は大人ファンは自重し、子供や子供連れの家族に譲る優しさも時には必要です。

声の違いを指摘しない。

「あの声はテレビと違う」「声が違ってがっかりだ~」というのは子供の前で言うのはやめましょう。

子供にとってはその場の声がヒーローの声なのです。

子供の夢を壊すような発言、行動は絶対にやめましょう。

ヒーローショーのマナーあれこれ

ヒーローショーのルールとマナー。大人ファンのマナーが悪い!まとめ

いかがでしたでしょうか。

ヒーローショーは老若男女問わず楽しめるイベントですが、対象としている層は子供たちです。

大人のファンも増えている昨今ではありますが、子供を押しのけて観覧するようなことがないようにしたいものですね。

そしてお子さんが観覧の迷惑にならないように、親御さんはしっかり目と手を話さないようにしておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする