高級レストランでやってはいけないマナー5選。恥をかく前に確認!

デートや特別なイベントでいつもよりワンランク、2ランク上の高級レストランを利用することになったとき、いつものレストランの要領で利用すると大恥をかくことがあります。
高級レストランでやってはいけないマナー5選。恥をかく前に確認!
今回紹介する5つのマナー違反をやらなければ、恥ずかしい思いをすることはないでしょう。

それではみていきましょう。

スポンサーリンク

高級レストランでやってはいけないマナー5選

高級レストランでやってはいけないマナー5選。恥をかく前に確認!

  • 食事中に座席で電話に出る
  • グラスを合わせて乾杯する
  • 口に食べ物を入れながら喋る
  • 食事中にジャケットを脱ぐ
  • 勝手に料理の写真を撮る

食事中に座席で電話に出る

高級レストランでやってはいけないマナー5選。恥をかく前に確認!
食事中に座席で電話に出ることは大きなマナー違反です。

かといって中座して外で電話をするというのも良くありません。

相手と一緒に高級レストランを楽しむためには、電話を留守電にするなどして食事に集中できる環境を作る必要があるでしょう。

グラスを合わせて乾杯する

よくテレビやドラマでグラスを合わせて「乾杯!」とするシーンがみられますが、高級レストランではやってはいけません。

ワイングラスは薄く繊細な造りになっており、グラスをぶつける乾杯はグラスを割ってしまう可能性があるため控えましょう。

相手と目を合わせて同じタイミングで、グラスを少し持ち上げ「乾杯」というのが正しいマナーです。

口に食べ物を入れながら喋る

口に食べ物を入れながら喋るのは周囲を不愉快にさせるマナー違反の行為です。

食べている最中の口の中が相手にみえてしまったり、しゃべることで口から食べ物が飛び出してしまうこともあります。

以前話題になった、音をくちゃくちゃ立てながら食べる「クチャラー」もマナー違反です。

口の中に食べ物を含んでいる時はしゃべらないようにして、きちんと飲み込んでから喋るようにしましょう。

食事中にジャケットを脱ぐ

食事中はジャケットを着たままでいるようにしましょう。

ジャケットを脱いで背もたれにかけたりしないようにするのは見苦しく、同席の人に恥ずかしい思いをさせてしまうのでNGです。

いつも脱いでいるという人は、薄手の生地のジャケットにするなど工夫しておきましょう。

勝手に料理の写真を撮る

高級レストランでやってはいけないマナー5選。恥をかく前に確認!
自分がお金を出すからとはいえ、勝手に料理の写真を撮ることは、高級店の客としてふさわしくありません。

折角の高級店で食べようというときに、隣のテーブルの客がパシャパシャと写真を撮っていたらどう思いますか?

折角の高級レストランの雰囲気、ムードがぶち壊しにされた気分になると思います。

どうしても撮りたいときは事前にスタッフに写真撮影について確認しておくと良いでしょう。

レストラン予約時に写真撮影について予め確認しておくのもいいと思います。

高級レストランでやってはいけないマナー5選。恥をかく前に確認!まとめ

  • 食事中の電話や、グラスを鳴らした乾杯は高級レストランではふさわしくありません。
  • 口に食べ物を入れてしゃべることは完全なマナー違反です。
  • 食事の写真を撮影するときは事前にスタッフに確認をとるようにしてください。

いかがでしたか?

高級レストランは、一般的なレストランやファミリーレストランと違い、若干マナーが異なります。

特に仕事などで一緒に行く場合はマナー違反は仕事成績や成果に影響してしまいます。

会社の看板を背負っているという自覚をもった振る舞いを心がけ、基本マナーを事前にしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする