神社のお参り作法(二拝二拍手一拝)とマナー。初詣・七五三に。

初詣や七五三などで神社に参拝する機会があると思いますが正しい作法を知っていますか。

神社のお参り作法(二拝二拍手一拝)とマナー。初詣・七五三に。

神社は神様に感謝を伝え、お願い事があればお願いをする場所です。

しかし、神様に対する作法を知らずに適当な方法でお参りを済ませている人も多いのではないでしょうか。

今回は神社のお参り作法(二拝二拍手一拝)とマナーについて解説します。

神社のお参り作法とマナー

神社のお参り作法(二拝二拍手一拝)とマナー。初詣・七五三に。

  • 鳥居のくぐり方
  • 神社の参道の歩き方
  • 手水舎の作法
  • 参拝の作法(二拝二拍手一拝)

日本古来のマナーといえる神社での振舞い方、マナーを知っていることは「しっかり教育を受ける家庭に育った人」「良識のある人」を判断されるでしょう。

第一印象なら尚更です。

しっかり確認して覚えておきましょう。

スポンサーリンク

鳥居のくぐり方

神社のお参り作法(二拝二拍手一拝)とマナー。初詣・七五三に。

鳥居は人間と神社の世界を区切る結界のような役割をもつ、神社の玄関ともいえる場所です。

何もせずにくぐるのは土足で人の家に入るようなとても失礼な行為です。

ですので、鳥居をくぐるときは必ず一礼するようにしましょう。

「皆していないのに一礼するのは恥ずかしい」と思うかもしれませんが、この作法をちゃんと行うことで、「この人は礼儀作法をしっかり身につけている、教養のある人だ」と見てくれる人もいるのです。

神社の参道の歩き方

神社のお参り作法(二拝二拍手一拝)とマナー。初詣・七五三に。
神社の参道の真ん中は正中と呼ばれる神様の通り道です。

神様の通り道を私たち人間が歩くわけにはいきませんね。

ですので、参道の真ん中は避けて左右どちらかに寄って歩くようにするのが参道を歩く際の正しいマナーです。

手水舎の作法


神社にお参りをする際は手水で身を清めるのが作法です。

この手水で身を清める作法がしっかりできるかどうかで、社会人としてのマナーが身についているか、周囲の人は判断します。

手水の作法
【1】柄杓(ひしゃく)を右手に持ち、左手を洗います。
【2】柄杓を左手に持ち替え、右手を洗います。
【3】もう一度柄杓を右手に持ち替え、左手に水を受けて口を洗い、その後、左手を洗います。
【4】最後に柄杓を立て、柄の部分に水を流して、柄杓を清めます。
【5】清めた柄杓を手水舎にもどして終了です。

注意点として、水の汲みなおしはしないこと。

最初に酌んだ水で一連の動作をすべて終わらせましょう。

参拝の作法(二拝二拍手一拝)

【1】賽銭箱に賽銭を入れます。
賽銭を投げる人がいますが、相手に投げて物を渡すのは失礼ですよね。ゆっくり静かに入れましょう。

【2】鈴を鳴らします。
鈴の音で場を清め、神を呼びます。

【3】二拝(2回頭を下げて深くおじぎをしましょう)
神への敬意を表します。

【4】胸の高さで掌を合わせて二拍手。
神に日々の感謝と願いを伝えます。

【5】一拝して終了。
もう一度おじぎをすることで神にお礼を伝えて送ります。

お参りする時間帯

神社のお参り作法(二拝二拍手一拝)とマナー。初詣・七五三に。

基本的にお参りする時間帯にきまりはありませんが、お参りは日の昇っている時間帯が良いとされています。

したがって、大晦日や正月、祭事意外は日没以降のお参りは控えたほうが良いでしょう。

神社のお参り作法(二拝二拍手一拝)とマナー。初詣・七五三に。まとめ

いかがでしたでしょうか。

お参り作法は社会人として絶対に知っておきたいマナーのひとつです。

20代の若いうちは知らなくても仕方ないと思われますが、30代以降になると恥ずかしいと思わなければいけません。

カップルで神社にお参りに行ったとき、マナーを知っている人はちゃんと教育を受けた人なんだなと相手に思われるでしょう。

逆に、相手がマナーを知らないと恥ずかしい思いをするかもしれません。

恋人の両親など、50代以上の人は、日本古来のマナーを知らない人に厳しいこともあります。

しっかり学習しておきましょう。

コメント