公共の場でコスプレをする、撮影する時のマナー。貴方は大丈夫?

多くのイベントで広く開催されるようになった「コスプレ」。
公共の場でコスプレをする、撮影する時のマナー。貴方は大丈夫?
映画スターやアニメのキャラクター、ゲームのキャラクターの衣装をきてなりきったりするイベントです。

周知されるようになったとはいえ、派手で目立つマニア向けのイベントなのは間違いありません。

マナーを守らないと、マニア、オタクへの偏見が強くなってしまうでしょう。

今回は公共の場でコスプレをする、撮影する時のマナーを解説します。

公共の場でコスプレをする、撮影する時のマナー

公共の場でコスプレをする、撮影する時のマナー。貴方は大丈夫?

  • 着替えは決められたスペースで行う
  • キャラクターイメージを大切に
  • 実在する特殊な職業のコスプレは要確認
  • 撮影するときは声をかけて

イベントとはいえ、公共の場でコスプレをすることはとても目立つ行為になります。

キャラクターのイメージ、コスプレイヤーのイメージを損なわない振る舞いが不可欠になります。

着替えは決められたスペースで行う

多くのイベントで広く開催されるようになった「コスプレ」。
コスチュームの着替えは、イベント内で決められたスペースで行いましょう。

面倒だから、近いからとコスチュームに着替えてから移動すると周囲を驚かせてしまいます。

同時に「場所を選ばずコスプレしている人」と周囲に思われ、コスプレイヤーのイメージを著しく損なってしまうでしょう。

コスチューム姿での行動は決められた区域内にすることがマナーです。

キャラクターイメージを大切に

公共の場でコスプレをする、撮影する時のマナー。貴方は大丈夫?
ヒーローもののコスプレをする際、コスプレ中は子供がみているところではきちんと振舞いましょう。

ヒーローがたばこを吸っていたり、乱暴な言葉を言っていたら子供の夢を壊してしまうでしょう。

たとえコスプレであっても、子供にとっては本物です。

コスプレをする人はキャラクターイメージを大事にした振る舞いが非常に大切であることを心に留めておいてください。

実在する特殊な職業のコスプレは要確認

公共の場でコスプレをする、撮影する時のマナー。貴方は大丈夫?
警察官や消防隊員などの公務員や実在する特殊な職業のコスプレは、本職と間違えられる可能性が非常に高く混乱を招くので注意が必要です。

イベントによっては禁止になっている場合があります。

コスプレをするときは運営主催に確認をとりましょう。

撮影するときは声をかけて

公共の場でコスプレをする、撮影する時のマナー。貴方は大丈夫?
コスプレイヤーを撮影するときは一言声をかけましょう。

無言撮影はコスプレイヤー自身が「無言撮影OK」と言っていないかぎりマナー違反です。

ましてや、SNSに勝手にアップするのも良くありません。

写真を撮影するとき、SNSにアップするときはそれぞれ確認をとりましょう。

無断撮影、無断アップロードは肖像権の侵害という罪になる場合があります。

さいごに

コスプレは普段着用しない服に着替える事で、どこか非日常を感じることができる楽しいイベントです。

しかしイベントのルールを守らないと周囲に不快な思いをさせてしまったり、コスプレ元のキャラクターのイメージを壊してしまうでしょう。

キャラクターイメージを壊す事は最悪版権元から注意を受ける事もあります。

コスプレをするうえでのマナーとルールをしっかり守るようにしましょう。

コメント