渋谷ハロウィンのマナーが悪すぎる!ハロウィンを楽しむマナーまとめ

秋の大きなイベントとしてハロウィンがあります。

渋谷ハロウィンのマナーが悪すぎる!ハロウィンを楽しむマナーまとめ

ドラキュラやジャック・オーランタン、オバケといった西洋のモンスターに仮装したり、家々を子供たちが「トリックオアトリート!」といいながらおやつを貰ったりするお祭りです(地方によって異なります)。

しかし、2018年の渋谷のハロウィンは参加者のマナーが非常に悪く話題になりました。

次回以降も同じようにならない様、今一度ハロウィンのマナーを見直しましょう。

2018年のハロウィンのマナーが悪すぎたと話題に

ハロウィン後のゴミも問題になりました。

渋谷のハロウィンのひどさは全国に報道され、今の日本の若者~40代のマナーの悪さが指摘されることになりました。

このようなことがないよう、次年度以降からはしっかりマナーを守って楽しみましょう。

スポンサーリンク

ハロウィンを楽しむためのマナー

渋谷ハロウィンのマナーが悪すぎる!ハロウィンを楽しむマナーまとめ

  • 羽目を外しすぎない。
  • 決められた場所以外でのコスプレをしない。
  • ゴミはきちんと持ち帰る。

羽目を外しすぎない。

渋谷ハロウィンのマナーが悪すぎる!ハロウィンを楽しむマナーまとめ
イベントとはいえ、羽目を外しすぎることは大人としてふさわしい行動ではありません。

公共のものを壊したり、落書きしたりするのはイベントを楽しむ範疇を超えています。

大人の分別をわきまえてイベントを楽しみましょう。

決められた場所以外でのコスプレをしない。

渋谷ハロウィンのマナーが悪すぎる!ハロウィンを楽しむマナーまとめ
コスプレは決められた場所で楽しむのがマナーです。

周囲の反応が楽しいからと、コスプレを許可されたスペース、時間帯以外で行うことはマナー違反です。

一般の人から見れば「あの人はコスプレをどこでもやっている、だらしがない人」とみるでしょう。

それはコスプレを楽しむ人たち全体の印象を下げてしまうことにもつながりかねません。

「自分が一人するくらい」「ちょっとくらい」と思う人もいるかもしれませんが、同じように思う人が増えたらそれが大きな印象につながります。

コスプレイベントを楽しむためにはルールを守る、これは大前提です。

※コスプレマナーについて詳しいことはこちらに書いてありますのでチェックしておいて下さい。
参考公共の場でコスプレをする、撮影する時のマナー。貴方は大丈夫?

ゴミはきちんと持ち帰る。

渋谷ハロウィンのマナーが悪すぎる!ハロウィンを楽しむマナーまとめ
イベントを楽しんだ後は片づけをする、これは社会人としてというより人として当たり前のマナーです。

厳しい言い方ですが、遊んだあとは片づけをするというのは幼稚園児も知っています。

イベントを楽しんだら後片付けをする、最低でも自分たちが出したゴミは持ち帰る、これがイベントを楽しむための最低限のマナーです。

さいごに

渋谷に限らずハロウィンイベントは多くの人たちの協力と厚意によって行われています。

ゴミのポイ捨てや泥酔、ケンカなど、羽目を外しすぎたことによる騒動は社会人として恥ずかしいといわざるを得ません。

一部のルールを破った行動の積み重ねで今後ハロウィンイベントが開催されなくなることもありえるでしょう。

多くの人が楽しく、そしてこれからもずっとハロウィンイベントを楽しめるように、参加する人ひとりひとりが意識してルールを守りましょう。

コメント