プロが教える!恋人の親に挨拶するときの服装とマナー

結婚を意識するようになったカップルがまず行うことは、恋人の両親への挨拶です。

プロが教える!恋人の親に挨拶するときの服装とマナー

恋人の両親はどういった人なのか、初めて会ったときどう振舞えば良いのか、良い印象を持ってもらうにはどうすればよいのか。

今回はそんな恋人の親に挨拶するときの服装とマナーをプロ解説でお送りします。

恋人の親に挨拶するときの基本マナー

プロが教える!恋人の親に挨拶するときの服装とマナー
交際は2人の問題ではありますが、結婚となると二つの家が親戚同士になる訳ですから、両親の影響は非常に大きくなります。

結婚するなら両親に祝福されたいですよね。

両親に気に入られますと、結婚への流れもスムーズに進みますし結婚生活も嫁姑トラブル等なく過ごせることが期待できます。

その第一歩となる両親への挨拶マナーは非常に重要です。

結婚生活が上手くいくかがかかっているといっても過言ではありません。

恋人の親に好印象を残すための基本マナーを一緒にみていきましょう。

スポンサーリンク

結婚後のプランについて恋人と話を固めておく

まず恋人の両親に会う前に、恋人との結婚後のプラン、いわゆる将来設計の展望をあわせておきましょう。

結婚した後は共働きなのか、奥さんには専業主婦になってもらうのか、子供と貯金目標の兼ね合いなどを話し合って決めておくと、両親から質問されても一緒に答えることができるでしょう。

揺るぎのないしっかりした答えを示すことで両親に対して二人の結婚の意志の強さを示すことができます。

同時に「将来をしっかり考えている」と高感度があがるでしょう。

服装は派手すぎず清潔感のあるものを

女性なら胸元の開いてないフォーマルなワンピース、男性はラフすぎないフォーマルスーツが良いでしょう。

就職時の面接よりやや肩を抜いた感じをイメージしてください。

大事なのは派手すぎないことと清潔感があることです。

白い靴下は汚れが目立つため男性は紺か黒をお勧めします。
【プロが進める男性向けスーツ】

【プロが進める女性向けスーツ】

挨拶や受け答えは笑顔ではっきりと

プロが教える!恋人の親に挨拶するときの服装とマナー
挨拶や受け答えは笑顔ではっきり行うのが好感を得られるポイントです。

あまり作りすぎても不自然ですので、自然体を心がけましょう。

特に玄関で靴をきちんとそろえているか、トイレを借りた際ドアを静かに閉めているか、といった何気ない動作にその人の育ちが現れます。

ひとつひとつの動作を丁寧に、笑顔を絶やさないことがポイントといえます。

さいごに

恋人の両親のところに行くのは緊張するイベントです。

肩肘張りすぎずに、大好きな人を生み育ててくれた人たちへの感謝の気持ちをしっかり伝えていけば大丈夫です。

第一印象はどうしても外見です。

華美すぎず清潔感のある服装をしましょう。

コメント