プロが教えるツイッターで晒された時の対処法。警察に相談するコツ。

ツイッターやフェイスブックをはじめとする「SNS」はインターネットができれば誰でも世界中の人たちと友達になれるとても便利なツールです。

プロが教えるツイッターで晒された時の対処法。警察に相談するコツ。

しかし、使い方を誤ると中傷されてしまったり、名前や住所などの個人情報をはじめとした大切な情報を晒されてしまう危険もあります。

今回はプロがあなたの身を守るために教えるツイッターで晒された時の対処法を解説していきます。

ツイッターで実際に起こった晒しの例

プロが教えるツイッターで晒された時の対処法。警察に相談するコツ。

  • 住所・本名・電話番号などの個人情報が晒された
  • メールやLINEの会話の内容が晒された
  • 他の人の写真に偶然写りこむ形で自分の姿が晒された

主に晒された場合の被害の内容はこれらのものがほとんどです。

個人情報や本人の写真、特定の人やグループとのやりとりを晒されることですね。

個人情報を晒すのは違法だとわかっている人は多いですが、SNSやメールのやり取りは気軽に載せている人が多いようです。

「面白い内容だから載せた」「ためになる話だから拡散したかった」という人もいると思いますが、SNSの会話やメールのやり取りは会話をしている人たちの許可をとって載せるようにしましょう。

スポンサーリンク

ツイッターで晒された時の対処法

それでは実際に自分の個人情報や知られたくないことがツイッター上に勝手に晒されてしまったとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。

相手の悪質性(悪意無く載せてしまった人もたくさんいます)や被害の大きさ(次々に拡散されている等)でも対応はかわっていきます。

代表的かつ効果的な対処法を解説します。

晒した本人に連絡を取る

ツイッターで晒した本人に連絡を取って、投稿した晒し内容を削除してもらう方法もあります。

この場合は晒した本人が晒しと認識せずにSNS上に載せてしまった場合などに有効です。

しかしながら、相手に悪意がある場合は応じてもらえない可能性も高いでしょう。

ツイッターの運営に削除要請を入れる

ツイッターの運営会社に連絡して、晒しを受けた内容の削除要請を入れると良いでしょう。

対応にかかる時間はブレがあり、数時間で対応してもらえるときもあれば、数日かかる場合があります。

また、削除前に運営会社から本人確認のほかいくつかの確認事項の連絡があるようです。

警察に相談する

ツイッターで晒された内容が悪質で犯罪行為に該当するのであれば警察に相談するのもオススメです。

その場合は「晒された内容」「相手のアカウント情報」「晒しに至った一連のやり取り」「晒された人(あなた)への相手の発言」などを印刷して持参しましょう。

また警察はサイバー犯罪相談窓口を設置しているので、すぐに警察に行けない等の場合は窓口から問い合わせをしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

弁護士に相談する

ツイッターに個人情報を晒されてしまい、収拾がつかなくなってしまった場合には弁護士に相談してみるのも良い対処法です。

実は弁護士は「離婚問題に強い弁護士」「消費問題に強い弁護士」など、得意な分野がそれぞれ違います。

そのため、弁護士を選ぶ際は「ネットトラブルに強い弁護士」「ツイッターに関する問題に強い弁護士」をあらかじめ調べておきましょう。

相談する際は無料相談があるのか、着手金はどこから発生するのか、事態収束までしっかり対応してもらえるのかなどをチェックした上で依頼するようにしてください。

プロが教えるツイッターで晒された時の対処法。警察に相談するコツまとめ

  • SNS上に個人情報を載せるのは犯罪で、メールやLINEなどのやり取りを勝手に載せるのも好ましくありません。
  • 個人情報が晒されてしまった場合、晒した本人に相談する、運営会社に削除要請を出しましょう。
  • 事態が収束しない、拡大していく場合は警察や弁護士の介入も視野に入れてください。
  • 警察や弁護士に相談する際は晒し内容や流れを印刷して資料として提出するようにすること、ネット犯罪に強い弁護士に依頼することです。

いかがでしたでしょうか。

SNSはマナーを守って使うととても有益な情報が手にはいったり、友達が増えるなどメリットは大きいです。

しかし、一部の悪意を持った人が悪意のある使い方をすると、危険なツールにもなってしまいます。

個人情報が晒されてしまったら、あわてずに内容を記録、印刷し、運営会社に削除要請を出す、ネット犯罪に強い弁護士に相談するなどしかるべき対応をとりましょう。

泣き寝入りすることはまったくありません。

あなたの大事な個人情報を守るのはあなただけです。

晒されて怖い、辛いと思いますが、あなたを心配してくれる人たちとともにがんばってください。

コメント