教育者が教えるモンスターペアレントの親同士の対応【完全版】

2005年過ぎからテレビや新聞などのメディアに取り上げられるようになった「モンスターペアレント」。

教育者が教えるモンスターペアレントの親同士の対応【完全版】

子供のクラスメイトや習い事の友達の親御さんがモンスターペアレントだったらどのように付き合えば良いのでしょうか。

子供同士の関係もありますし、無下にはできませんよね。

今回は教育者が教えるモンスターペアレントの親同士の対応についてお話します。

スポンサーリンク

モンスターペアレントとは

「学校や幼稚園・保育園などで無理な要求を何度も繰り返している親のこと」

モンスターペアレントとはいくつかの説がありますが、大筋には「学校や幼稚園などで我が子可愛さに無理な要求を何度も繰り返し、秩序を自分たちの良いように崩す親のこと」を指します。

主な特徴として、子供を溺愛しすぎて周囲が見えなくなっている親、自分のことを「子供のためにがんばっているすばらしい親」と思い込んでいる親だといわれています。

我が子の過ちを認めず周囲のせいにし、自分の教育方針が唯一絶対最高のものだと考えている親は周りの意見をまったく聞かないため、モンスターペアレント化していきやすいといわれています。

また、こういった親たちの共通点として、義務を放棄して権利を主張する(親として子を叱る義務を放棄し、子供を守る権利ばかり主張する)、モラルの欠如があります。

スポンサーリンク

モンスターペアレントの親同士の対応

教育者が教えるモンスターペアレントの親同士の対応

それではモンスターペアレントが自分や、我が子に矛先を向けてしまった場合、どのような対応をすれば良いのでしょうか。

ポイントとして、相手にしすぎないこと。

モンスターペアレントは反応した対象に対ししつこく執着する傾向があります。

個人で対応するのにも限界がありますので、証拠を集めながら学校などの機関に粛々と相談しましょう。

1.相手にしない(証拠を裏で集める)

教育者が教えるモンスターペアレントの親同士の対応【完全版】

モンスターペアレントと話し合っても良い方向でまとまることはほとんどありません。

相手は常識が通じない人たちなので、真剣に対応するだけ時間の無駄ですし、対応して構ってくれる人だとわかればさらに要求はエスカレートするでしょう。

相手にしないことも良い解決策です。

あなたに非がないのなら、なおさら相手にしないほうが良いでしょう。

話しかけてきたらこっそり会話を録音し、メールやSNSのやりとりがきても返事は最低限(基本的にしない方向で)にとどめて証拠としてスクリーンショットを残しておきましょう。

学校や教育委員会を交えて話し合いをすることになった場合、重要な証拠になります。

2.一過性のものと割り切る

教育者が教えるモンスターペアレントの親同士の対応【完全版】

子供同士は仲が良いけど、親がモンスターペアレントで付き合うのがきつい…ということありますよね。

こういうときは「子供たちの付き合いの延長だと割り切る」ことを行ってみましょう。

子供が仲が良いからといって、親同士も仲良くする必要はありません、最低限の付き合いでも構わないのです。

子供が学年が変わる、成長することで友達が変わっていけば、その親御さんとも付き合う必要はないでしょう。

一過性の付き合いと割り切って最低限のお付き合いにすることもモンスターペアレントに陰性感情を抱かせず、実害を避けるためには良い方法です。

まとめ

自分の子どもが可愛くない親はいません。

「可愛いわが子を危険から守ってあげたい」と思うのが親心です。

しかし、その気持ちがエスカレート、独りよがりになるとモンスターペアレントになります。

モンスターペアレントに出会ってしまっても深入りや説得をしようとせずに、ほどよい距離感を保ちながら被害を最小限に防ぐのが一番です。

(必要であれば録音などを行い証拠を残しておきましょう。)

また、自分自身がモンスターペアレントになってしまわないように周囲とのコミュニケーションをとること、学校に任せる範囲、家庭で躾をしなければいけない範囲を見誤らないように気をつけましょう(幼稚園や学校は躾をする場ではありません)。

生活マナー
スポンサーリンク
知って得する冠婚葬祭&日常マナー

コメント