引越し先でやることと挨拶、手土産のマナー。第一印象を良くするコツ。

引越しをしたときは、引越し先で挨拶をするのが一般的です。

引越し先でやることと挨拶、手土産のマナー。第一印象を良くするコツ。

引越し先の挨拶は第一印象がきまる大事なイベントです。

相手に良い印象を与えられるように挨拶マナーを覚えておきましょう。

引越しの挨拶をするべき人

古くから「向こう三軒両隣」という言葉があり、引越し先では、一戸建ての場合、向かいの3軒と両隣の家に挨拶をします。

マンションやアパートの場合は左右の部屋と上下の部屋に引越しの挨拶をするようにしましょう。

周囲の人はあなたが引っ越して挨拶しにくるのを待っています。

挨拶しないと第一印象が落ちてしまいますので挨拶は必ずしましょう。

引越しの挨拶は、大家さんと自治会の会長にもしておくと、何かトラブルがあったときに相談しやすくなるのでおすすめです。
スポンサーリンク

引越しの挨拶をするタイミング

引越し先でやることと挨拶、手土産のマナー。第一印象を良くするコツ。

引越しの挨拶は引越し作業が終わってその日のうちか翌日には行いましょう。

時間帯は朝10時以降から遅くとも17時までの間にしましょう。

18時以降になると食事をしていたりお風呂にはいっていたりするため迷惑になる可能性があります。

不在だった場合

相手が不在だった場合は、日を改めて訪問してください。

翌日に訪問しても不在だった場合は、1週間以内に時間を変えて1日おきに3~4日訪問しましょう。

それでも不在が続いたときは、挨拶の手紙を添えた手土産を郵便受けに投函しましょう。

一人暮らしの女性は挨拶をする必要はありません

引越し先でやることと挨拶、手土産のマナー。第一印象を良くするコツ。

一人暮らしの女性の場合は、引越しの挨拶を控えましょう。

女性の一人暮らしであることを周囲に知らせる結果になるため、防犯上危険が大きくなります。

昨今ではストーカーなどの犯罪被害も増加していますので、単身の女性の引越しの挨拶は避けたほうが無難です。

引越しの手土産の選び方

引越しの挨拶に伺うときは、手土産を持って行くのが一般的です。

手ぶらでの挨拶は非常識な人が引っ越してきた、と印象を下げてしまうでしょう。

高価なもの持って行く必要はありません。ですが手土産は必ず用意しましょう。

手土産に盛っていくものは1.000円~2000円程度の値段で、タオルやお菓子、洗剤の詰め合わせといった消費するものがオススメです。

インテリア小物などは好みがあるので避けたほうが無難でしょう。

5000円以上の高価なものは貰う人がかえって気を遣ってしまいますので、相手の負担にならないようなものを選ぶようにしてください。

タオルなどは無地などのシンプルなもの、お菓子は賞味期限が短すぎないものを選ぶのが無難です。

引越し先でやることと挨拶、手土産のマナー。第一印象を良くするコツ。まとめ

いかがでしたでしょうか。

引越し先の挨拶はこれからの新生活を支障なくおくるためにも必ず必要です。

面倒かもしれませんが、手土産を準備して挨拶をしておきましょう。

第一印象が良いことに越したことはありません。

コメント