効果抜群!ツイッターで自分のことの悪口を言う人への対処法

「Twitterで自分の悪口が書かれているのを見つけてしまった」「友達が自分の悪口を書いていた」

こういった自分の批判や悪口をネット上でみつけてしまうととても落ち込んでしまいますよね。

効果抜群!ツイッターで自分のことの悪口を言う人への対処法

身に覚えがない悪口だったり、実際の出来事を相手の都合の良いように解釈されていたり…本当に傷つきます。

自分の悪口を見つけてしまったとき、どのように対処すれば良いのでしょうか。

今回はツイッターで自分のことの悪口を言う人への対処法を紹介します。

スポンサーリンク

ツイッターで悪口を言う人の心理

  • 自分より下だと思っていた人が評価されたから(気に入らなかった)
  • 単に目に付いたから(誰でも良かった)
  • 悪口を書かれた本人に問題があった

Twitter(ツイッター)で悪口を言う人のほとんどが、「なんとなく」「気に入らなかった」という軽い動機であることが多いです。

インターネットで簡単に自分の意見を全世界に発信できるようになった昨今、簡単に人の悪口を言う人が増えました。

また、悪口を言ったことで相手が悲しむ、動揺している様子を楽しむという幼稚な人も数多くいるのが事実です。

ツイッターというのは自分の言葉を「つぶやく」SNSツールですが、そのつぶやきは全世界の人がみることができるということを忘れてはいけません。

また、「実はその悪口の内容に思い当たることがある」、「身に覚えのあるもの」だった場合、真摯に受け止めて反省しなくてはいけません。

本人に直接言わずに、不特定多数の人が閲覧できるネット上で発言しているため、相手にも非はありますが、思い当たる節がある場合は自分のそれまでの行動を改める必要があるでしょう。

スポンサーリンク

ツイッターの悪口から傷つかなくなる方法

効果抜群!ツイッターで自分のことの悪口を言う人への対処法

悪口を書いた人とは縁を切りましょう。

誰かを陥れよう、悲しんでいるのをみて喜ぶような思考の持ち主とやり取りしても良いことは何もありません。

どんなに説得しても相手の言葉をネガティブにとらえ、再び悪口を言うのが目に見えています。

「このひとって、裏で悪口を書くような人なんだ」「人が嫌な思いをしているのを喜ぶ人なんだ」「人をねたむ人生しか送れない悲しい人なんだ」

と見切りをつけて縁を切ってしまう方が今後のためです。

何より、そんな人のことを考えてクヨクヨ悩んでいることが、相手が一番喜ぶことなのです。

あなたの大切な時間は影で悪口を言うような人のために割くものではありません。さっさと忘れましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ツイッターで悪口を言われるのは非常にショックなことですが、「そういう人もいる」とスルーしているとそのうち慣れてきます。

相手もあなたが反応しないことで「悪口を言ってもつまらない」と別のターゲットを探すようになるでしょう(それも問題ではありますが)。

あなたのことを好きでいてくれる前向きな人達とだけ関わるようにしましょう。

それがあなたの精神面にも大きく良い影響を残してくれるはずです。

SNS/ネチケット
スポンサーリンク
知って得する冠婚葬祭&日常マナー

コメント