不妊様はうざい!嫌われる行動パターンまとめ。あなたは大丈夫?

不妊様はうざい!嫌われる行動パターンまとめ。あなたは大丈夫?

不妊治療を受けている夫婦は全国で30万組とも言われている昨今、不妊に悩んでいる人の行動に迷惑をこうむっている人が増えている現実があります。

今回は不妊様はうざい!嫌われる行動パターンと妊婦様と言われないために知っておいてほしいマナーについてまとめました。

スポンサーリンク

不妊様とは

不妊様はうざい!嫌われる行動パターンまとめ。あなたは大丈夫?

不妊様は妊娠できないことに対して、屈折してしまった思考を持ってしまった人たちのことです。

例として下記の行動や思考が不妊様と呼ばれる代表的なケースです。

  • 他人の妊娠や子育てを素直に祝福できない
  • 子供がいる人に対して被害妄想を抱く
  • 子供がいる人に劣等感を抱いている

不妊治療は莫大なお金がかかり、経済的にも家計を圧迫しがちです。

加えて周囲からの妊娠の期待や催促(特に義両親)にストレスをため、妊娠できないことに女性としての価値を失い、周囲に対して屈折した感情を抱くようになってしまうようになります。

しかし、それらを本来無関係な友人や仕事の同僚などに八つ当たりしたり、被害妄想に近い行動をとることは良くありません。

人間関係に影響を及ぼすばかりか、夫婦関係にも亀裂を生じかねないからです。

スポンサーリンク

他人の妊娠や子育てを素直に祝福できない

不妊様はうざい!嫌われる行動パターンまとめ。あなたは大丈夫?

不妊様は子供を持っている友人や、妊娠の報告に対して「素直に喜べない」というような感情を持っています。

ツイッターやフェイスブックなどのSNSでの妊娠報告、子供の成長記録などの投稿を見ると、喜べないばかりでなく、かなり不快な気持ちになる様です。

また、中学や高校時代の同窓会のお知らせがあっても、女性同士の会話のほとんどが今の家庭や子供の話になるため、女性同士の交流を避けるようになり、独身や未婚の友達を選んで交流する傾向になります。

子供のいる友達の話に笑顔で合わせられない、また「なんで子供生まないの?」「子供可愛いよ?ほしくないの?」と不妊の事実を知らない周囲の発言に傷ついてしまう可能性もあります。
スポンサーリンク

子供がいる人に対して被害妄想を抱く

不妊様はうざい!嫌われる行動パターンまとめ。あなたは大丈夫?

不妊様は子供がいる人に対して「あの人は子供がいることを私にみせつけている」「不妊治療しているのを知っていて子供をみせにくる」といった被害妄想にとらわれる傾向にあります。

そのため周囲に「あの人は子供をみせびらかしている」「不妊を馬鹿にしている」と陰口を言うようになり、不妊様本人が周囲から避けられてしまうという結果になり、さらに被害妄想が悪化してしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

子供がいる人に劣等感を抱いている

不妊様はうざい!嫌われる行動パターンまとめ。あなたは大丈夫?

結婚すると当然のように夫や自分の両親、友人などから妊娠、出産を期待されます。

特に嫁姑問題に発展する、会うたびに孫はまだなの?と言われることが代表的ですね。

過度な期待は子供ができない自分に劣等感を感じさせ、女性としての機能、価値が無いのではとまで悩み、病んでしまうようになります。

「あの人は子供がいるのにどうして私だけ」「私は子供がいないからどうせ~」とネガティブな思考、発言が多くなり、周囲から「うざい」と思われてしまうのです。

スポンサーリンク

「不妊様」と言われないために心がけるマナー

不妊様はうざい!嫌われる行動パターンまとめ。あなたは大丈夫?

  • 「妊娠は当たり前ではない」と認識する
  • 不妊治療に負い目を感じないようにする
  • 子供の話題になりそうな状況、人は自分から遠ざけることも必要です

妊娠、出産というのは当たり前ではありません。

背が高い低い、太っている痩せていると同じように、妊娠しやすいしにくい人がいます。

あなたの妊娠と他人の妊娠は一切関係ないし、周囲の人が自分にないものを持っててすごく妬ましいという気持ちはわかりますが、それでも言っていい事(やってもいい事)とだめな事があります。

人は人、自分は自分です。

比べて自分を卑下したり、他人を妬むことほど時間の無駄になるものはありません。

子供の話題を頻繁に出す人や場は自分からできるだけ遠ざけるなどの自衛も時として必要なのです。

生活マナー
スポンサーリンク
知って得する冠婚葬祭&日常マナー

コメント