携帯番号や携帯アドレスを度々変える人の特徴。実は危険かも!

人間関係において、「こういうタイプの人は用心したほうがよい」という一定の基準があります。

携帯番号や携帯アドレスを度々変える人の特徴。実は危険かも!

その中で気をつける特徴として「携帯番号や携帯アドレスを度々変える人」というのがあります。

なぜ気をつけるべきなのか、理由を解説していきます。

スポンサーリンク

携帯番号やアドレスを変える人の特徴

携帯番号や携帯アドレスを度々変える人の特徴。実は危険かも!

機種変更をすることはあっても、電話番号や携帯アドレスを変えるのは結構手間ですよね。

友達に変更をお知らせしないといけないし、通販サイトやメルマガに登録していた電話番号やアドレスの変更手続きもしなければいけません。

お知らせされた友達の身になっても、再登録しないといけませんし面倒に感じるものなのです。

そんな面倒なことを度々している人というのはどういう人なのでしょうか。

思いつくところだと「トラブルを避けたい」「番号をかえることで特定の人からの電話を避けたい」など、トラブル回避のためというのが大きいのではないでしょうか。

つまり、携帯電話番号や携帯アドレスを何度も変える人は、それだけ人間関係においてトラブルを抱えているという人と判断されるのです。

こういった「何かあれば番号をかえればいいや」と軽く考える人は『境界性パーソナリティ障害』といわれる病気の可能性もあります。

スポンサーリンク

携帯番号やアドレスを変える人と上手く付き合う方法

携帯番号や携帯アドレスを度々変える人の特徴。実は危険かも!

前述したように、携帯番号やアドレスを頻繁に(年2回以上)変える人は、何らかの対人トラブルを抱えている、もしくはトラブルを起こしやすい人と判断したほうが良いでしょう。

変更するにも人それぞれ理由があると思いますが、「心の用心」はしておいて無駄にはなりません。

こういった、番号を度々変えるような人とは、深く付き合わないこと、特にお金の貸し借りを絶対しないことです。

人間関係において、金銭トラブルは傷害事件にも発展するほど恐ろしいものです。

どうしてもお金を貸すときは、返ってこないものとして、困らない分の金額だけ貸すようにしましょう。

ただし、相手に非があるトラブルに巻き込まれたり、別れた相手がしつこくてやむを得ず電話番号やアドレスを変更して自衛したという人もいますので、1度、2度の番号変更で決め付けるのは早計です。

総括

携帯電話の番号やアドレスを変えるときに考えられる理由として、気分転換や、機種変更のついで、人間関係の一新などがあげられますが、新しい番号を通知する手間などを考えると、番号を変えることはやはり一般的ではありません。

電話番号がころころ変わるという人は、何らかの対人トラブルを抱えていると考えてよいでしょう。

そういった人とは深入りせず、金銭の貸し借りをしないように距離をもった付き合いをすることが大切です。

生活マナー
スポンサーリンク
知って得する冠婚葬祭&日常マナー

コメント